2022年6月19日 礼拝「釈放された二人」(飯塚光喜牧師)

礼拝説教
この記事は約1分で読めます。

タイトル:「釈放された二人」
聖書箇所:使徒言行録 16章35節~40節
講壇担当:飯塚光喜 牧師

夜が明けると、長官たちは警吏らをつかわして、「あの人たちを釈放せよ」と言わせた。

そこで、獄吏はこの言葉をパウロに伝えて言った、「長官たちが、あなたがたを釈放させるようにと、使をよこしました。さあ、出てきて、無事にお帰りなさい」。

ところが、パウロは警吏らに言った、「彼らは、ローマ人であるわれわれを、裁判にかけもせずに、公衆の前でむち打ったあげく、獄に入れてしまった。しかるに今になって、ひそかに、われわれを出そうとするのか。それは、いけない。彼ら自身がここにきて、われわれを連れ出すべきである」。

警吏らはこの言葉を長官たちに報告した。すると長官たちは、ふたりがローマ人だと聞いて恐れ、

自分でやってきてわびた上、ふたりを獄から連れ出し、町から立ち去るようにと頼んだ。

ふたりは獄を出て、ルデヤの家に行った。そして、兄弟たちに会って勧めをなし、それから出かけた。

(使徒言行録・口語訳)

コメント

タイトルとURLをコピーしました