2022年6月4日 礼拝「自殺を思いとどまらせた信仰」(飯塚光喜牧師)

礼拝説教
この記事は約2分で読めます。

タイトル:「自殺を思いとどまらせた信仰」
聖書箇所:使徒言行録 16章25節~34節
講壇担当:飯塚光喜 牧師

真夜中ごろ、パウロとシラスとは、神に祈り、さんびを歌いつづけたが、囚人たちは耳をすまして聞きいっていた。

ところが突然、大地震が起って、獄の土台が揺れ動き、戸は全部たちまち開いて、みんなの者の鎖が解けてしまった。

獄吏は目をさまし、獄の戸が開いてしまっているのを見て、囚人たちが逃げ出したものと思い、つるぎを抜いて自殺しかけた。

そこでパウロは大声をあげて言った、「自害してはいけない。われわれは皆ひとり残らず、ここにいる」。

すると、獄吏は、あかりを手に入れた上、獄に駆け込んできて、おののきながらパウロとシラスの前にひれ伏した。

それから、ふたりを外に連れ出して言った、「先生がた、わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」。

ふたりが言った、「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」。

それから、彼とその家族一同とに、神の言を語って聞かせた。

彼は真夜中にもかかわらず、ふたりを引き取って、その打ち傷を洗ってやった。そして、その場で自分も家族も、ひとり残らずバプテスマを受け、

さらに、ふたりを自分の家に案内して食事のもてなしをし、神を信じる者となったことを、全家族と共に心から喜んだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました